審査なしクレジットカードはお手軽!

クレジットカードを作るのは審査が心配という方が多いはずですよね。収入があまり高くない場合や自営業やフリーランスの方は、「クレジットカードは欲しいけど審査が通るか不安」と思っているはずです。そんな時は、楽天銀行のデビットカードがお勧めです。

審査:審査なし。
 支払い:即時支払いで、口座から引き落とされます。
 月刊利用限度額:なし、口座に現金が入っている限り使用出来ます。
 申し込み年齢:16歳以上
 使える場所:VISAマークのある場所、ATMではPLUSマークの付いているもの
 盗難補償:あり
 年会費:デビットカード(ゴールド)3,086円、デビットカード1,086円
 海外での預金の引き出し:VISAマークやPLUSマークの付いたATMなら、自分の口座に入っている現金が現地通貨で引き出せます。
 ポイント:楽天スーパーポイントが、ゴールドなら利用1,000円毎に5ポイント、でビットカードでも2ポイント付きます。

また年会費3,086円の楽天銀行デビットカード(ゴールド)にはVISゴールドカード特典や海外利用サポートまで付帯します。審査なしクレジットカードと侮るなかれ、これだけの充実したサービスが付いてくるのです。私も海外で使いましたが、インターネットで残高と使用状況がいつでも確認出来るので、フィッシング予防の心強い味方でした。

 

審査が甘いクレジットカード

一般的に審査が甘いといわれるクレジットカードの特徴としては、「そのカードを使ってもらう事を前庭としている」と言う事があります。 例えばガソリンスタンドで使うことでポイントや割引を受けられたり使うことでポイントがたまるポイントカード兼用のカードなどは、シェアの確保という刊年から利用者が使ってこそ意味が有ります。

そのため審査の段階で利用者を絞って発行枚数を減らしても仕方ないので、利用代金をしっかりと支払えるか」と言う最低限の部分しか見ず甘いと言うわけです。

ただし、これは一般論であり利用者が多いカードなどは既にシェァを確保で来ていると言う事につながるため厳しく見ていくと言うパターンもありますし、外資系は日本企業とクレジットカードに対する考え方が違うので大手外資系チェーンなどは厳しく見られる傾向に有ると言われています。

また、発行の為の審査とは違いますが添付されているキャッシングサービスなどを断ったり枠を設定しないと言う事も重要です。

キャッシングやカードローンの枠を設定すると、クレジットカード発行の為の物に加えて借金の際に行われる物も行うので二重に見られる事になりますし、カード発行の際の物に比べて金融関係の方が厳しいと言う特徴があるためです。

 

外国人のクレジットカード利用について

最近はクレジットカード払いが可能になっている店舗が増えていますので、留学生、外国人向けクレジットカードの発行を希望するケースが少なくありません。ただし、外国籍のままという属性が不利に作用するのではないかと心配してしまう人が大勢います。

実際には、日本国籍を持っていないという理由だけで審査に落とされてしまうことはまずありません。最初から外国人はNGという対応をしているカード会社も存在しているのは事実ですが、日本国内に住んでいればOKという柔軟な対応をしているカード会社も数多く存在しています。

外国籍の人の場合、その人の母国に本社がある外資系企業のクレジットカードであれば審査に通過しやすいのではないかというイメージがありますが、一概にそうとは言えない部分があります。要するに、一番重視されるのは、その人が有する支払い能力です。これは、国籍が日本だろうが外国だろうが関係なく、一番重要視される問題です。

カード会社としては、利用した代金をきちんと支払ってくれる人でありさえすれば、国籍がどこであろうと関係ないということになるのです。ですから、日本人配偶者がいて、日本企業に正社員として勤務している人であれば、審査でかなりプラス評価されることになります。”

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.